年収は働く街で決まっていた!

IT長者は職住近接が常識?

新幹線が延伸し、列島は狭くなった感じがする。ネットでつながっているから、どこにいても働ける。なんて思ったら大間違い。本当に稼ぐ人たちは徒歩圏内で働き、住んでいる。
東京の都心部。付加価値の高いITベンチャーは、渋谷や恵比寿、六本木に集まる。経営者も社員も会社から徒歩圏に住んで働き、日夜、ビジネスに明け暮れている(撮影:外山俊樹)

渋谷駅から徒歩3分。オフィスビルの8階から見える渋谷は、一面の雑居ビル。お世辞にも眺めがいいとは言えない。34階建ての複合商業施設「渋谷ヒカリエ」の“後ろ姿”が、視界を大きく遮る。

食産業の求人サイトを運営するクックビズ(本社・大阪市)の代表、藪ノ賢次さん(34)は、そんなビルを、あえて仕事場に選んだ。2007年に大阪で創業。黒字化を機に12年、東京・恵比寿に東京オフィスを設けた。渋谷に移転したのは、事業拡大のため。社員数はこの2年で倍の50人近くにまで増えた。

藪ノさんの目には、大企業となったDeNAやLINEが入居するヒカリエが、渋谷の新たな“顔”に映る。

「シンボルの近くにいたかった。日々、ヒカリエの後頭部を見ながら、いつかあの場所に行くんだと、自分を奮い立たせているんです」

渋谷は1990年代後半、「ベンチャーの聖地」としての顔を持った。若者が次々と起業。新興市場に上場し、一夜にして億万長者になった。米国でITベンチャーが集積する「シリコンバレー」になぞらえ、「ビットバレー」と呼ばれた。その地が15年を経たいま、進化している。

IT企業、渋谷に再集結

IT業界の情報をブログで発信する大柴貴紀さんは言う。

「この1、2年で、ITベンチャーが再集結している」

なぜ、再集結しているのか。そこは、やはり12年に開業したヒカリエの存在が大きい。渋谷のシンボルが誕生したのだ。さらに、90年代に生まれたIT企業が“メガベンチャー”と化し、その企業を取引先とする“スモールベンチャー”が周囲に集まった。スマートフォンの普及に伴い、アプリの開発など、ベンチャーの活躍の場が、さらに広がっているのだ。

渋谷では、IT企業が徒歩圏内に集まっているから、他社の社員であっても同僚感覚で気軽に食事に誘い合う。だから、ランチも飲み会も、ビジネスの場になる。気が合えば、自社に引き抜くこともある。

80年生まれの藪ノさんは、自称「ロールキャベツ男子」。表向きはキャベツのような“草食系”で、物腰も柔らか。だが、相性を感じる人とは何度も会い、ときに熱くビジョンを語る。そのためにも、気軽に会える距離にいることが大事なのだ。

次ページ鎌倉に耐え切れず、渋谷へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。