基地移転をめぐる沖縄県民と全国民との温度差--東洋経済1000人意識調査

基地移転をめぐる沖縄県民と全国民との温度差--東洋経済1000人意識調査

普天間基地はどこへ移転すべきか? 沖縄県民の声を聞くと、日本国外が46%と半数近い。全国民の声でも国外が最多だが32%と温度差。「わからない」の回答も多い。現行のキャンプ・シュワブ沿岸部案は、沖縄県民も15%の人が理解を示す。

[表のクリックで拡大]

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。