村人の城・戦国大名の城 北条氏照の領国支配と城郭 中田正光著

村人の城・戦国大名の城 北条氏照の領国支配と城郭 中田正光著

東京都の多摩から埼玉県の秩父にかけて、大小多くの山城が点在していたのをご存じだろうか。40年来の城郭研究家の著者によると、中でも八王子の滝山城は、全国で5本の指に入る優れた中世の名城だという。

滝山城は戦国大名北条氏照(早雲から数えて3代目の3男)の居城だった。北条氏の本城・小田原に対して、「第2の本城」として優れた縄張りなど築城技術が投入された。城下にはしだいに宿や市が形成されていくことに。

「滝の城」「境目の城」「食糧備蓄や民衆の緊急避難の場としての城」……。戦国大名と村人との関係ほか薀蓄(うんちく)豊富。歴史探検好きにはたまらない。洋泉社が刊行を始めた歴史新シリーズの一冊。

洋泉社歴史新書y 882円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。