銀行融資の掟 荒和雄著

銀行融資の掟 荒和雄著

鳴り物入りで成立した「中小企業金融円滑化法案」。施行に当たり金融庁は金融マニュアルを抜本的に改正、従来の金融機関保護から利用者保護、取引先支援へと大きく舵を切った。しかしこの金融検査マニュアルこそ、貸し渋りや貸しはがしの大きな要因になっていると著者はいう。

同法の施行から半年近くが経ち、激変した企業融資環境下で中小企業経営者はどうすれば上手に資金を借りることができるのか。元銀行支店長が明かす銀行金融の実態、銀行は中小企業をどういう視点でチェックしているか、貸し渋りや貸しはがしの予兆、取引をやめたほうがいい銀行など、中小企業側だけでなく金融機関職員にも役立つ実践的なノウハウを教えてくれる。

朝日新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。