日本の15大同族企業 菊地浩之著

日本の15大同族企業 菊地浩之著

企業集団、企業系列の研究家である著者は、「同族企業」の要件を二つ挙げる。「創業者一族が当該企業の社長を世襲し、経営権を掌握していること」「世襲を前提として、当該企業の過半数の株式をおさえていること」。

ところが、高度経済成長期に急成長を遂げた日本企業には、後者が当てはまらないにもかかわらず、世襲を続けている企業も多いという。

そのために、社内クーデターで社長を解任された創業者一族がいたり、早々と「脱同族」に見切りをつけて専門経営者を招いたり、あるいは脱同族で意見が割れ内紛に至ったケースなどもある。

同族企業15社のエピソードをひもときながら、日本的経営を考察する。

平凡社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。