「三洋とハイアールの融合はこれからだ」

日本・東南アジア担当のトップに聞く

今後の戦略を語るハイアールアジアインターナショナルの伊藤嘉明社長(撮影:尾形文繁)
ハイアールアジアインターナショナル(以下、HAI)は6月5日、デザイン家電を手掛けるアマダナ(旧リアル・フリート)と業務提携すると発表した。
ハイアールは白モノ家電世界最大手だが、売上高の大半を中国市場が占めており、海外展開が大きな課題だ。2012年には三洋電機の白モノ家電部門を買収し、「ハイアール」や「アクア」ブランドを展開。HAIは旧三洋を母体とし、ハイアールの東南アジア、日本エリアを管轄する重責を担っている。
ただ、日本での販売は苦戦している。「アクア」ブランドの2012年度の売上高は348億円だったが、前2013年度は数%落ち込んだもよう。挽回に向けて、社長にスカウトされたのが伊藤嘉明氏だ。その伊藤氏が選んだパートナーが、アマダナ。アマダナは、東芝出身の熊本浩志社長が2002年に設立。デザイン性の高さに定評があり、自社で製品を企画・販売するだけでなく、NECの携帯電話など大企業とのコラボレーションした実績もある。
伊藤社長のキャリアも異色だ。米国の大学を卒業後、日本コカ・コーラやデル、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントなどを渡り歩き、今年2月、44歳でHAIのトップにスカウトされた。
今後、ハイアールはどんな戦略に打って出るのか。伊藤社長に聞いた。

ものづくりの工程を変える

――なぜアマダナと業務提携したのか。

アマダナは好きなブランドの一つだった。製品のデザインだけでなく、これまでも(家電量販店だけなく)原宿に自社の販売店舗を構えるなど、売り方の差異化を図っている。商品のストーリーをどう消費者に訴えるか。その点でアマダナの取り組みは興味深かった。

今、家電市場には多くのナショナルブランドの製品がひしめき、課題は差別化だ。そこで重要なのは、ユーザーに新たな体験を提供すること。その方法を考えているときにアマダナの熊本社長と出会い、波長が合った。

重要なのは商品そのものより、モノを作る過程を変えることだ。そこでカギとなるのが、「オープン・プラットフォーム」と「コ・クリエーション」の2つ。オープン・プラットフォームとは、商品開発の過程を、インターネットを介してオープンにしていくこと。すでにアマダナは「アミダス」というプラットフォームを所有している。そのプラットフォームを活用し、開発過程でつねにユーザーとコミュニケーションをとって、ユーザーに受け入れられるかの確認作業をしていく。これがいわば、コ・クリエーション(共創)だ。モノを出した後にも改良は続ける。商品に完成形はないと思う。

既存の商品開発では、ユーザーの欲しいモノとメーカーの開発現場との間で、どうしても認識のギャップがあった。だがオープン・プラットフォーム上では、その距離はゼロになる。重要なのはスピードだ。通常なら新商品の企画から発売まで1年半はかかるが、年内には製品を発表したい。

次ページ日本市場のテコ入れ策
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。