異様?住人より”人形”が多い村

<動画>意外なカタチの観光誘致

徳島県三好市東祖谷(いや)の名頃(なごろ)地区。人口わずか35人の過疎の村落に150もの人形がある。綾野月美さんは11年前に大阪から生まれ故郷である名頃に戻り、その翌年、荒れた畑を守るために父親をモデルにしたかかしを作った。

今では多くのかかしが至るところに置かれている。テレビ番組などで紹介されたこともあり、観光地にもなっているのだが、寂しさを感じさせる光景だ。もちろん、これは名頃だけの問題ではない。人口減少により、いずれ消滅するかもしれない村落は、日本中にある。東京をはじめとする大都市への人口集中が進む日本が抱える問題を、ブルームバーグが取材した。

 
音量に注意して下さい
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。