インド人スタッフと雇用契約を結ぶ際の注意点とは?

インド人スタッフと雇用契約を結ぶ際の注意点とは?

ITの能力に優れたインド人を雇用する日本企業は増え続けている。日本企業が成長していくためには、インド人エンジニアをうまくマネジメントしていくことが重要だ。

そこで、インドビジネスに詳しい株式会社ネクストマーケット・リサーチの須貝信一代表取締役に、日本企業がインド人を雇用する場合のポイントを聞いた。同社はインド、南アジアの企業・金融・経済情報の提供のほか、インド進出支援コンサルティングなどを行っている。

--インド人スタッフとの雇用契約で注意する点はありますか

インド人スタッフと雇用契約を結ぶ場合、いちばん気にしなければいけないことは「契約内容にすきを作らない」ことだと思います。IT系などでは契約社員であることが多いと思うのですが、雇用契約書と就業規則には、契約更新や終了の条件、解雇に関する事項も明記しておく必要があります。

もちろん、構える必要はないのですが、「すきがあれば、利用しよう」と考えるのがインド人です。

--「すきがあれば利用する」ですか。確かにインド人というと、交渉が手ごわいイメージがありますので雇用契約や契約更新時も大変でしょうね。

インド人は「ルールのあいまいな部分」を利用するのが上手です。権利意識が強く、ダメ元精神が旺盛で、交渉することに対してためらいがありません。

雇用形態は、契約社員が多いと思いますが、契約更新時など可能性があれば少しでも条件をよくするために、あれこれトライしてきてもおかしくありません。

ルール違反ギリギリで勝負するのは、彼らにとって文化なんです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。