中国、安定成長維持へ大型公共事業

国務院がオンラインで明らかに

 6月11日、中国国務院は、追加の大型インフラ事業を行い、経済成長を安定的な水準に保つ方針を示した。写真は北京郊外の高速道路建設現場で2011年8月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 11日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)は11日、高速道路や鉄道網、水上輸送網の整備など、追加の大型インフラ事業を行い、経済成長を安定的な水準に保つ方針を示した。

週例閣議後、オンライン上の声明で明らかにした。

水上輸送網のほか、高速道路や空港、高速鉄道の整備を推進すれば、物流のスピード向上につながるとの認識を示した。

石油やガスの輸送・保管方法も改善するとしたが、詳細は示さなかった。

国務院は、支援の必要な経済の特定分野をターゲットに、金融政策を調整するとの方針を示した。

また、中国版ツイッター「微博」で、付加価値税の課税について、企業への負担を軽減するため簡素化することを明らかにした。

*内容を追加して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。