バブルは別の顔をしてやってくる 熊野英生著

バブルは別の顔をしてやってくる 熊野英生著

21世紀以降、10年近くも続いてきた世界的な金融バブルの物語は、まだ続きがあるかもしれない。世界各国が実行した低金利誘導、財政出動などによる「過剰流動性」という怪物が、世界を駆け巡っているからだ。そこには、四つのパラドックスが影響する。危機対応に加え、先進国・後進国の格差、弱い基軸通貨ドル、それに資金循環だ。

次に日本の金融市場がバブルにのみ込まれるとすれば、1980年代バブルのような日本国内発の投機ブームではなく、海外マネーの上陸で始まる投機ブームに流される図式になるだろう。

人気エコノミストが、中国、新興国、資源価格、環境分野など新たなバブル経済の可能性を徹底分析する。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。