岩崎弥太郎と三菱四代 河合敦著

岩崎弥太郎と三菱四代 河合敦著

海運王国を築いた創業者・岩崎弥太郎。日本初のビジネス街・丸の内を建設した二代目・弥之助。産業革命や戦争景気の波に乗って業績を伸ばした三代目・久弥。世界恐慌や戦争による統制経済を生き残った四代目・小弥太。本書は、三菱財閥を率いた岩崎四代の小伝である。

歴史作家・研究家である著者は、彼らの時代に比べて現在の企業人に決定的に欠けているのは、国家社会のため、公共のためという「国利民福」の考え方だという。

昨今の不況の原因は、歪んだ個人主義・自由主義の蔓延と短期的な利益しか考えないことがもたらしたことだとし、現代人は彼らの生き方から、もう一度企業人のあるべき姿を学ぶべきだと説く。

幻冬舎新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。