脱ガラパゴス戦略 台頭する新興国市場の攻略法 北川史和・海津政信著

脱ガラパゴス戦略 台頭する新興国市場の攻略法 北川史和・海津政信著

世界経済は、「米国による一極集中の時代から、複数の新興国が跋扈(ばっこ)する多極化の時代へと舵を切った」。そこでの日本企業の成長戦略は、台頭する新興国市場の攻略こそ本命であるとし、その攻略法の考え方と実践の基本が示される。

骨子は三つに絞られる。(1)現地のニーズに即した製品開発、(2)コストを下げるための現地化。この2点には目新しさがないが、(3)新興国が求める“日本ブランド”に応える戦略、これは多様にありえそうだ。

たとえば(3)は「安いといってメード・イン・チャイナのトヨタ車を中国人は好んで買いますか」との問いに端的に表現される。日本で生産する“日本ブランド”こそ、続々と増える新興国の「所得1万ドル」超世帯が待ち受ける製品であって、量産狙いの攻勢では差別化は無理との判断だ。その日本ブランドは品質と安全・安心がキーワードだという。

タイトルは、「独自進化」の絶海の孤島からの脱出をめざすたとえが由来。

東洋経済新報社 1680円

    

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。