孫の力 誰もしたことのない観察の記録 島泰三著

孫の力 誰もしたことのない観察の記録 島泰三著

ニホンザルなどの生態を研究してきた霊長類学者によるヒトの赤ちゃん(孫娘)の観察記録。

著者曰(いわ)く、ニホンザルにも孫はいるが、サルのおばあさんは孫を特別な存在として特に意識することはない。しかしヒトは違う。孫と祖父母とのつながりには、単なる生物的な関係を超えた、社会的・文化的な意味が隠されている。人の祖父母は孫に触れ、世話をすることで自分が覚えていない幼い時代の思い出を記憶より深いところから蘇らせ、孫に未来を見るという。

孫娘の成長を6年間にわたって観察し、まわりの親しい大人たちとの関係の中でヒトの心がどのように作り上げられていくのか、その起源をたどる。

中公新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。