「脱・サラ金」に照準、プロミスの正念場

「脱・サラ金」に照準、プロミスの正念場

新たな環境に適合するためには、さなぎが蝶に変容するメタモルフォーゼのような劇的変化が求められる。さもないと、「適者生存」の切符は得られない。消費者金融業界が今、まさにそうだ。

「これまでどおりならば、商売をやめよ」ともいうべき、最後通告に等しい貸金業法の完全施行(今年6月予定)が刻々と近づく。貸付金利引き下げや、借り手の年収の3分の1を与信上限とする総量規制の導入。過払い利息返還という負の遺産処理もさらに増えかねない。

現に、大手のアイフルが私的整理の一種である事業再生ADR活用で再生に踏み切り、アコムでは大幅なコスト削減を急いでいる。

そうした中、1月28日にプロミスが発表した「事業構造改革プラン」こそが、メタモルフォーゼの意味を多分に有している。全国148の有人店舗は全廃し、向こう1年で約5300人の従業員を3700人に圧縮する。さらに子会社(三洋信販、アットローン)合併、本業外の事業売却等々。内容は厳しく、激しい。

変化の認識とは大違い サラ金と呼ばれる現実

大ナタを振るう久保健社長は、創業家出身の神内博喜氏に代わり昨年11月就任したばかり。この間、頻繁に営業現場へ足を運び続けてきた。「顧客に最も近い営業現場の人たちが、われわれがやろうとしている意味を理解しないかぎり、顧客社会の当社を見る目は変わらないから」と話す。

三井住友銀行の執行役員からプロミスに転じたのは2007年5月。直後から活発化した貸金業規制法改正論議で、消費者金融会社は、かつての俗称である「サラ金」と呼ばれる場面が増えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。