日本で活躍する在日新華僑 古川猛編著

日本で活躍する在日新華僑 古川猛編著

文化大革命以後に海外移住した中国人を新華僑と呼ぶが、日本で活躍する新華僑50人へのインタビュー(『月刊コロンブス』連載)で構成されている。

分野は実業界を中心にメディア、芸能・芸術、学界、料理など多岐にわたり、ソフトブレーンの宋文洲氏や作家の莫邦富氏も登場する。

文革で下放され苦学しながら進学のチャンスを得た人が多いのが特徴だが、日本とのそもそものかかわり、現在の仕事に就いた経緯、苦労話や今後の夢など、さまざまに個性的で興味深い。

日中比較、日本と日本人への注文・提言も参考になるが、日本の同世代に比べ強い意志、情熱が共通して感じられるのは、中国という国の持つパワーそのものなのだろう。年とともに志を失いつつある日本人にとって学ぶべき点が多い。

ただし少なからぬ人が今の自分があるのは日中双方の人たちの支援のおかげ、と謙虚なのは意外だった。インタビュアーは張国清・北京放送前東京支局長。(純)

東方通信社 1575円

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。