最大FCが決別宣言 ほっかほっか亭「内紛」

最大FCが決別宣言 ほっかほっか亭「内紛」

プレナスが新ブランドの立ち上げを決意したことで、総本部との亀裂はさらに深まった。
(週刊東洋経済2月23日号より)

 持ち帰り弁当店「ほっかほっか亭」を関東、九州で展開するプレナスは12日、フランチャイザーであるほっかほっか亭総本部との決別を宣言した。独自ブランド「Hotto Motto(ほっともっと)」を立ち上げ、5月15日付で店名や看板に採用するという。

 プレナスと総本部はこれまで、商標権や営業手法をめぐって激しく対立。総本部はプレナスに対し、静岡など合わせて6県で本部契約の更新を拒絶する旨を通達していた。逆に今回は、プレナスから全エリアの契約解約を突きつけた格好だ。

親子逆転のいびつな関係

 骨肉の争いの背景には両社のいびつな関係がある。通常フランチャイザー(ザー)とフランチャイジー(ジー)の関係は、ザーがジーの運営主導権を握るというのが一般的。だが、プレナスはザーである総本部の株式44%を保有する大株主。全国約3500店のほっかほっか亭のうち2260店を運営し、実質的な力はプレナスのほうが大きい。

 一方、関西でほっかほっか亭を展開するハークスレイが一昨年に総本部株式54%を取得したことで、争いは「プレナス対ハークスレイ」に移った。プレナスの塩井辰男社長は決別の理由として「ハークスレイが総本部の親会社になってから、経営の自由が奪われるようになった」と主張。これに対して総本部は「プレナスは2003年に塩井社長が就任してから全国本部長会議に欠席するなど、協調態勢が取れなくなった」と語る。

 プレナスは30年近く、独自の営業努力で力をつけてきたと自負する。総本部の「店舗デザインや食材の提供価格について総本部の指示に従うこと」などの要請は「余計なお節介」に映るのだろう。

 今後、新ブランドで自由に経営できるとなれば晴れて独り立ちとなる。ところが、現実には難問が山積みだ。

 総本部は契約解除の場合、「フランチャイズ加盟店は営業を1年間停止する義務がある」として、同12日付で東京地裁に仮処分を申し立てた。プレナスが営業を継続できたとしても、直営店を除く約1200の加盟店のうちどの程度が新ブランドについてくるのかは不透明。両社間で加盟店争奪戦が繰り広げられる可能性もある。事態は長期戦の様相を呈してきた。
(週刊東洋経済:藤尾明彦 撮影:鈴木紳平)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。