米新規失業保険申請件数は予想外の増加

2月以来の高水準、34.4万件に

 5月1日、米新規失業保険申請件数は34万4000件で、2月以来の高水準となった。写真はニューヨークの就職フェア会場で4月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が1日発表した4月26日終了週の新規失業保険申請件数は、前週比で1万4000件増の34万4000件で、2月以来の高水準となった。アナリストは31万9000件への減少を見込んでおり、予想外の増加となった。

ただ、回復基調を維持していることも示唆した。

19日終了週分は、前回発表より1000件多い33万件に修正された。

この時期の申請件数は例年、イースター(復活祭)などの祝日と重なり、季節的な変動要因の調整が困難なため、振れが激しいとされている。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は3000件増の32万件と、小幅な伸びにとどまった。

19日終了週の受給総数は9万7000件増の277万件だった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。