米新規失業保険申請件数は予想外の増加

2月以来の高水準、34.4万件に

 5月1日、米新規失業保険申請件数は34万4000件で、2月以来の高水準となった。写真はニューヨークの就職フェア会場で4月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が1日発表した4月26日終了週の新規失業保険申請件数は、前週比で1万4000件増の34万4000件で、2月以来の高水準となった。アナリストは31万9000件への減少を見込んでおり、予想外の増加となった。

ただ、回復基調を維持していることも示唆した。

19日終了週分は、前回発表より1000件多い33万件に修正された。

この時期の申請件数は例年、イースター(復活祭)などの祝日と重なり、季節的な変動要因の調整が困難なため、振れが激しいとされている。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は3000件増の32万件と、小幅な伸びにとどまった。

19日終了週の受給総数は9万7000件増の277万件だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。