トヨタグループ世界販売、初の1000万台突破

2013年度は、前年度比4.5%増の1013万台

4月23日、トヨタ自動車は、2013年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)が前年度比4.5%増の1013万3000台だったと発表した。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 23日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>は23日、2013年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業<7262.T>と日野自動車<7205.T>を含む)が前年度比4.5%増の1013万3000台だったと発表した。年間販売台数が1000万台を突破したのは初めて。

内訳は、国内販売が同3.9%増の240万台。4月の消費税率引き上げを前にした駆け込み需要が旺盛となったことが寄与した。海外販売は同4.7%増の773万台。米国や中国などが堅調だった。

13年度のグループ世界生産台数は同5.3%増の1023万台だった。

トヨタは2013年暦年ベースでのグループ世界販売台数ですでに過去最高となる前年比2%増の998万台と2年連続で世界首位となっている。14年暦年では同4%増の1032万台を計画。国内は消費増税の反動減もあって減少するものの、米国や中国などでカバーする。

13年暦年での世界販売2位は独フォルクスワーゲン(VW)で同5%増の973万台、3位は米ゼネラルモーターズ(GM)で同4%増の971万台だった。VWは14年にも世界販売で1000万台を達成し、首位に立つ見通しを示すなど攻勢をかけている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。