日産、軽ベースのEV15年度以降投入へ

三菱自動車との共同開発を加速化

4月18日、日産の西川CCOは、三菱自動車と共同開発している軽自動車ベースの電気自動車(EV)は2015年度以降に投入するとの方針を明らかに。写真は日産のロゴ。2012年12月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[横浜市 18日 ロイター] -日産自動車<7201.T>の西川廣人チーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)は18日の説明会後、記者団に対し、三菱自動車<7211.T>と共同開発している軽自動車ベースの電気自動車(EV)は2015年度以降に投入するとの方針を明らかにした。

西川CCOは、軽ベースEVの投入時期について、当初計画より「どんどん早めているところ。前倒ししており、できるだけ早く作りたい」と述べたうえで、「15年度以降」になると語った。

日産自と三菱自は軽自動車の共同開発会社を11年に設立。13年には共同開発の軽をそれぞれのブランド名で第1弾、第2弾として2モデルを発売した。

西川CCOによると、日産ブランドとして投入した「デイズ」「デイズ ルークス」は非常に好評で、第3弾も「ガソリン車で考えている」という。

また、2モデルは三菱自の主力工場である水島製作所(岡山県倉敷市)で生産しているが、今後の共同開発車の生産拠点は、選択肢として「日産の自社工場を活用することもありうる」と述べた。

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。