訂正:米ヤフー第1四半期は小幅増収、ディスプレー広告部門持ち直す

第1四半期はディスプレー広告部門が持ち直す

4月15日、米インターネット検索大手ヤフーの第1・四半期決算は、これまで不振が続いていたディスプレー広告部門が持ち直したことで、若干の増収となった。写真は昨年4月、米カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 15日 ロイター] - 米インターネット検索大手ヤフー<YHOO.O>が15日発表した第1・四半期決算は、これまで不振が続いていたディスプレー広告部門が持ち直したことで、若干の増収となった。

メリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は最悪の時期が過ぎ、業績の伸びは緩やかではあるものの、安定する時期に入ったとの見方を示した。

ヤフーは第2・四半期の売上高(トラフィック獲得コスト除く)が10億6000万─11億ドルになるとの見通しを示した。市場予想は約10億8000万ドル。

中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが大幅増収となったことが発表され、ヤフーの株価は急上昇。ヤフーはアリババの株式24%を保有する。

関連ウェブサイトへの手数料支払いを除く売上高は10億8700万ドルとなり、前年同期の10億7400万ドルから小幅増加した。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は、調整済みの売上高が10億7700万ドルだった。

ディスプレー広告部門の売上高(関連サイトへの手数料支払い除く)は4億0900万ドル(訂正)。前年同期比で2%のわずかな増収を確保した。この部門は減収が数四半期続いていた。

純利益は3億1160万ドル(1株当たり0.29ドル)。特別項目を除く1株利益は0.38ドルだった。

ヤフーがIR情報としてウェブサイトに掲載したところによると、アリババの2013年第4・四半期決算は売上高が30億6000万ドルで、前年同期比66%増加した。

*15日付で配信した記事で英文の訂正により7段落目のディスプレー広告部門の売上高を4億5300万ドルから4億0900万ドルに訂正します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。