FBの"孝行息子"インスタグラムが急成長

アクティブユーザーはツイッターを超えた

広告主にとっては、インスタグラムのユーザー層も魅力的だ。L2の調べによると、利用者の68%は女性。さらに、90%は35歳以下の男女となっている。つまり、若者、特に女性の間で利用が広がっているということだ。

実際、米『ヴォーグ』の若年層向け雑誌『ティーンヴォーグ』が、読者にアンケートをとったところ、最も活用しているスマホアプリはインスタグラムだった。しかも、調査対象者の85%が「インスタグラムが購買行動に影響している」と答えている。

広告収入にザッカーバーグCEOも期待

画像を拡大
今後はスポンサー広告の拡大が期待される

インスタグラムが成長するにつれ、FBへの貢献を期待する声も増えている。2012年にFBが買収した当時のインスタグラムの従業員はわずか10人余り。創設2年程度の無名企業に7億ドルを投じたことに驚愕の声もあがった。

「最近のワッツアップなどの超巨額買収に比べれば、今のインスタグラムの成功を考えると、7億ドルはバーゲンとさえ言える。インスタグラムを買収したことによって、FBはスマホ領域のユーザーを(インスタグラム経由で)増やすことができた」(デジタル調査会社レティクル・リサーチのアナリスト、ロス・ルービン氏)

これまでインスタグラムについてはあまり積極的に発言をしてこなかったFBのマーク・ザッカーバーグCEOも、最近の決算説明会で「このサービス(インスタグラム)については、いろいろな方面に拡大できると考えているが、現時点ではまず利用者を一段と増やすことに集中したい。もちろん、しかるべきタイミングになれば広告を本格的に始めるし、これは非常に大きなオポチュニティになるとも考えている」と発言している。

米証券会社スターン・アジーでは、インスタグラムが広告を本格展開すれば、今後3年間で5億~7億ドルの広告収入が見込めるとみている。ただし、ネットの世界ではつねに新しいサービスが誕生しており、ユーザーも移り気だ。成長を維持し、メジャーサービスとなるには、新規ユーザーの開拓につながるような新たな機能が必要になるだろう。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。