日産、欧州サッカー連盟の公式スポンサーに

6月から4年間、契約額は非公開

4月7日、日産自動車は、欧州サッカー連盟(UEFA)と公式スポンサー契約を結んだと発表。写真は同社のロゴ。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロンドン 7日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は7日、欧州サッカー連盟(UEFA)と公式スポンサー契約を結んだと発表した。フォード・モーターに代わり、6月からチャンピオンズ・リーグなどの公式スポンサーとなる。契約期間は4年間。契約額は明らかにしていない。

日産のグローバルマーケティング・コミュニケーション担当常務執行役員ルー・ドゥ・ブリース氏は、同社がアジアの自動車メーカーとしてトップシェアを目指す欧州など世界中にファンを持つチャンピオンズ・リーグなどのスポンサーとなることにより、多くの人々に日産をアピールすることができる、と説明した。

日産は、2016年にリオデジャネイロで開催される五輪の公式スポンサーにもなっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。