IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明著

世界銀行とともに国際金融体制を支えてきたIMF。そのプログラム作成の習性から、“It’s mostly fiscal”(つねに財政再建)の略称と揶揄されたりするが、いまも途上国支援に重要な役割を担っていることに変わりはない。

リーマンショックを契機とする世界的な経済危機は、先進国の金融機関を出発点に、途上国・新興国では急激な資本流出のみならず、輸出相手の先進国の需要収縮によって、実体経済においても深刻な打撃を及ぼすことになった。こうした危機にIMFの金融面の支援が期待されたが、現実には十分ではない。

「自由・無差別・多角主義」を謳いながらも、米国主導にあるIMFをどのように改革すべきかも論じる。

中公新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。