異業種連携モデルで海の向こうに出て行く−−古森重隆・富士フイルムホールディングス社長

異業種連携モデルで海の向こうに出て行く古森重隆・富士フイルムホールディングス社長

中堅医薬企業・富山化学工業の買収を発表。投資総額は1000億円を超える。今後の最重点事業と位置づける医療分野のさらなる拡大に向けて、大きな賭けに打って出た。
(週刊東洋経済2月23日号より)

-- 医療分野で巨額のM&Aを決めたのはなぜでしょうか。

われわれのメディカル・ライフサイエンス事業は以前から重要な領域だ。1936年のレントゲンフィルム事業から始まり、デジタルX線画像診断システムや医用画像情報システムなどを展開してきた。ただ、これまでは病巣診断や健康診断など「診断」に偏っていた。今後は予防から診断、治療の全領域をカバーしていきたい。富山化学は当社の「治療」領域の中核企業に位置づける。

-- 数ある医薬企業の中で、富山化学を選んだのは。

富山化学は高い成長性を秘めている。創薬力には定評があり、インフルエンザやアルツハイマー病、リウマチ治療薬など、有力なパイプライン(新薬候補)を保有している。新薬の上市(発売)確率も高い。感染症、抗炎症、中枢神経など特定領域における世界レベルの創薬メーカーとして大きく飛躍させていく。(富士フイルム66%に対し、残り34%の富山化学株を保有することになる)大正製薬との連携で、セルフメディケーション(大衆薬)事業も成長させる。

-- 買収における短期的な狙いを挙げるとすれば何ですか。

鳥インフルエンザに対する有効性が期待されている「T−705」の早急な商品化と安定供給だ。これは「タミフル」とはまったく作用の仕組みが異なる画期的なインフルエンザ治療薬で、パンデミック(感染症の爆発的流行)を受けて、国内外から根本治療薬として期待されている。今後は生産、販売、資金面で全面的に支援していく。

-- 中長期の構想について、どのように考えていますか。

現在のメディカル・ライフサイエンス事業は3000億円程度だが、今後、総合ヘルスケアカンパニーとして約10年後をメドに1兆円規模にしていきたい。(そのためのM&A継続は)今のところない。まずは富山化学、大正製薬、当社の3社協業が重要だ。ただし、いろいろな可能性はある。

-- 医薬品事業の将来性を、どう考えていますか。

全世界で医薬品の市場規模は70兆円と聞いている。発展途上国ではいろいろな病気に悩む人がいる。一方、供給側には技術進歩があるので、中での競争は厳しいが、マーケットのポテンシャルは大きい。われわれは異業種であるから弱いのではなく、だから強いと言える。海外では画像診断事業のルートを持つなど、40年以上の経験がある。財務面でも強みがある。これらに富山化学の開発力、大正製薬の力を加味すれば、海の上を渡っていけるんじゃないか。また渡っていかないといけない。

(撮影:梅谷秀司)

こもり・しげたか
1939年生まれ。63年東京大学経済学部卒、旧富士写真フイルム入社。99年常務取締役、2000年社長就任。07年最高経営責任者。同年、NHK経営委員会の委員長に。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。