【足達英一郎氏・講演】世界経済危機下のCSR(前編)

第12回環境報告書賞・サステナビリティ報告書賞
シンポジウム・基調講演より
講師:(株)日本総合研究所 主席研究員、ESGリサーチセンター長 足達英一郎

●世界経済危機のインパクト

 今回の世界経済危機について、グリーンスパン(前FRB議長)が言った「100年に1度」ということをあまり大げさに取り上げるべきではないと思う。しかし、現在の世界経済がどこまで深刻な状況であるかを知っておくことは意味がある。
 図は、IMF(国際通貨基金)が出しているリポートにある「金融ストレス・レベルの比較」というチャートだ。棒グラフが新興国の深刻度のレベルであり、折れ線グラフが先進国の金融ストレス度を表している。
 新興国(棒グラフ)は、現在、1997年のアジア通貨危機のときに匹敵するレベル4から5という水準になっている。一方、先進国(折れ線グラフ)は、最近の10年ほどでは最大のレベル8になっている。アジア危機の後に起こったアメリカのヘッジファンド(LTCM)破綻のときに1つのピークがあり、その後「ITバブル」といわれたNASDAQ市場の崩壊、またエンロン、ワールドコムのコーポレートガバナンスや企業不祥事の問題が出てきたときでも、そのレベルが2くらいだから、今回のストレスはその4倍に匹敵するということだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。