道路独裁 官僚支配はどこまで続くか 星野眞三雄著 ~「政と官」を考える際の重要な手がかりを与える

道路独裁 官僚支配はどこまで続くか 星野眞三雄著 ~「政と官」を考える際の重要な手がかりを与える

評者 上智大学准教授 中里 透

 高速道路無料化案は、民主党がマニフェストに掲げた政策の中で、あまり評判がよいとはいえないもののひとつである。だが、このことは、高速道路の整備の現状が適切で、見直しの必要がないということを意味するものではない。というのは、道路公団の民営化が「形だけの民営化」に終わってしまったために、現在も不採算路線の建設が続けられているからだ。

本書は、道路公団民営化をめぐるさまざまなエピソードを通じて、高速道路の建設とそれをとりまく「政と官」の問題を考える際の重要な手がかりを与えてくれる。

小泉内閣のもとで行われた道路公団民営化の目的は、不採算路線の建設を抑制し、債務の着実な返済を確保することであった。このためには、過大な需要予測をもとに、将来の料金収入を当て込んで新規路線の建設を行う「償還主義」という虚構と、東名や中央道などの料金収入を不採算路線の建設に充てる「料金プール制」という内部補助のスキームを「ぶっ壊す」ことが必要であった。

だが、結果的にみると、「民営化」は道路公団を独立行政法人と民営化会社に分割するという組織いじりに終わってしまい、「上下分離」のもとで償還主義と料金プール制は実質的に維持されることとなった。自社の販売する商品の値段(高速道路料金)と設備投資(道路建設)を自らの判断で決めることのできない「民営化」会社が、「民間企業」とはいえないことは明らかだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
NOVA<br>七転八起の再生

英会話教室の最大手だったNOVA。「NOVAうさぎ」「駅前留学」の宣伝で有名だったが、2007年10月に経営破綻。地味ながらも復活に至ったが、その再生は七転び八起きの道のりだった。