『オレだけの醗酵人間』はこう誕生した!

稀購本複製に情熱を傾けた3週間の全記録

醗酵人間、海外では「ヨーグルトマン」と呼ばれたそうな

何がどう間違ったのか、本邦経済誌の中でも最高の品格を誇る東洋経済オンラインのアクセスランキングにおいて、戦後最兇ゲテモノSF『醗酵人間』をレヴューした前回の稀珍快著探訪が、ほんの一瞬とはいえベスト3入りしてしまったのだから世の中分からない。

こうなると現金なもので、『醗酵人間』のあまりの程度の低さに眉をひそめていた編集担当から、「前回省略した『オレだけの醗酵人間』製本秘話も是非頼む 」「なるはや。すぐに書いてほしい」という、鬼のような要請が。正直、そんなマニアック過ぎる職人作業について喜んで読んで下さる方がおられるとも思えないが、前回の『醗酵人間』ネタを読んで下さった方は、因果と諦めてお付き合い頂ければ幸いである。

3週間掛けて挑んだ「マイ復刻」

のっけから訂正で恐縮だが、前回『オレだけの醗酵人間』復刻に1週間を要したと書いたが、改めて当時自分が取っていた記録をひもといてみたら、なんと1週間どころか3週間もかけて復刻をしていた。とどまるところを知らぬ醗酵人間愛である。しかも『オレだけの醗酵人間』のそもそものスタートとなったネット検索は、海外出張から帰国したその夜に行っているのだから、我ながら好きものぶりに呆れる他ない。

まず『醗酵人間』の誕生から、筆者が『醗酵人間』の製本を決意する2007年までの流れを時系列で整理しておこう。

1957年 栗田信、「読切雑誌」誌に戦後SF最大の怪作『醗酵人間』連載開始。栗田曰く「大変な反響があった」
1958年 『醗酵人間』雄文社より刊行。栗田は図々しくも後書きで、醗酵人間をH.G.ウェルズが描く透明人間やB.ストーカーが描く吸血鬼ドラキュラと並列すべき存在と言ってのける
1974年 平井和正『超革命的中学生集団』のハヤカワ文庫版解説にて鏡明が『醗酵人間』について3行だけ言及
1986年 BOOKMAN誌16号「SF珍本ベストテン」において『醗酵人間』が大きく取り上げられ、一般読書人の間に『醗酵人間』の名が知れ渡る
1987年 高校生時代の古書山、BOOKMAN誌16号を入手し、烈しく『醗酵人間』に憧れる。以降20年、必死に『醗酵人間』を追い求めるも、全くヒットせず
2007年 北原尚彦氏の『SF奇書天外』刊行。『醗酵人間』大きく取り上げられる。この本には『醗酵人間』の表紙と背表紙のカラー画像が掲載される。同年9月の古書山、海外出張から帰国の夜、ネット上で『醗酵人間』のT県図書館架蔵を知り小躍りする

 

・・・・復刻への血と汗の3週間は、ここから始まる。

第1ステップ 図書館にアプローチ

さて帰国日深夜に『醗酵人間』がT県図書館に架蔵されていることを知った翌朝、数時間のみの睡眠で飛び起き、心臓が破れそうなくらい緊張しながらその図書館に電話をした。図書館の方は少し調べてから、拍子抜けするくらいフツーに「はい、『醗酵人間』ですね。ありますよ。ただ後で製本し直してあるみたいですけど」と回答してくれた。

確かに真人間にとっては『醗酵人間』なんて別にどうでもいい本なのだ。そんな当たり前の事実を実感しつつも、図書館相互貸し出し制度のお蔭で、4 日後の木曜日には、夢にまで見た『醗酵人間』が最寄りの図書館に到着した。もちろん即日取りに行き、数時間はニヤつきながらその本をなでまわしていた。この時、一瞬、耳元で「なくした、といって自分のものにしてしまえ!こけつかきつきつ」というささやきが聞こえたものの、そんな悪魔のささやきを払いのけ、複製を決意したのは、前回も記した通りである。

次ページまずはせっせとカラーコピー
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。