健康不安社会を生きる 飯島裕一編著

健康不安社会を生きる 飯島裕一編著

健康をめぐり過熱した社会現象が起きている。体にいいとされる特定の食品や水、サプリメントの強迫的な摂取、奇をてらったような食事法、健康を害するのではと思える痩身法など、なるべく早く結果の出る安易な「健康法」を、おカネで買い求める。

さらに、弱者への医療・福祉の切り捨て、個人に対する健康の義務化(健康増進法)、論議があるメタボリック症候群に着目した特定健診の導入、行き過ぎた医療費削減など、一連の社会政策が「健康であらねば」という強迫的な意識を助長し、健康不安に大きな影を落としている。

11人の識者との対話を通じて行き過ぎた健康ブームの背景を探り、健康観を見つめ直す「よすが」を提供する。

岩波新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。