ドラッカー 時代を超える言葉 上田惇生著

ドラッカー 時代を超える言葉 上田惇生著

この11月(19日)、経営学の始祖であるピーター・F・ドラッカーの生誕100年を迎える。死去して4年、日本の企業経営者にも流通業を中心に今も多くの信奉者を持つ。

たとえば「自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる」「意思決定においては、何が正しいかを考えなければならない。やがて妥協が必要になるからこそ、誰が正しいか、何が受け入れやすいかからスタートしてはならない」「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである」といった「珠玉の言葉」が、大いなる経営指針になっているという。

本書は、「成果のあげ方」「人・組織を動かす」「変化をとらえる」の三つの領域に分けて160の「指針」を抽出。もちろんその全集から著作を選んで読むのもいいが、その導入として、本書の指針の言葉から「ドラッカー経営学」に入門してはいかがだろうか。

ダイヤモンド社 1575円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。