会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

会社は倒産体質 倒産リスクとの戦い方 木下晃伸著

ファンドマネジャー、アナリストとして1000社以上の企業を取材した著者は、現在の日本を取り巻く環境を冷静に分析すれば、いつどんな会社が潰れてもおかしくない、つまり「倒産体質」を持っていると主張する。

日本を牽引してきたトヨタやソニーなどの大企業が業績を落とした事例を分析しながら、日本企業とビジネスマン個人がこれからのパラダイム・シフトにどう対処すればいいのかをシビアに検証。「100年に一度の危機」などといわれるが、今後もバブルとその崩壊は繰り返す可能性があるとも指摘する。

それを通じ経営者が会社の財務状況を的確に把握することの重要性と、自らの身を守るためのスキルを伝授する。

角川oneテーマ21 760円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。