独BMW、中国で約1万台リコール

ソフトウエアに不具合が見つかる

3月5日、中国当局は、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。フランクフルトで昨年9月撮影(2014年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[上海 5日 ロイター] -中国当局は5日、ドイツの高級車メーカーBMWが、ソフトウエアに不具合があるとして中国で同社の輸入車1万0234台をリコールすると発表した。

中国国家品質監督検査検疫総局(AQSIQ)がウェブサイトに掲載した声明によると、リコール対象となるのは2004年3月1日―2008年7月31日に生産された「7シリーズ」8676台と、2004年3月1日―2008年7月8日に生産された同シリーズ1558台。ソフトウエアの不具合により、前者は傾斜地に駐車した場合に坂を滑り降りる危険性があり、後者は起伏の激しい道路の走行中にドアが開く危険性があるという。

リコール対象車については、無料でソフトウエアの更新対応が受けられる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。