ウクライナ向け与信が大きい外資10行とは?

不良債権比率は40%超にのぼる?

3月3日、ウクライナ情勢が不安定となる中、同国にある銀行は預金流出や不良債権比率の拡大、通貨安に直面し、流動性や資本支援が必要となる可能性がある。写真はウクライナ向けエクスポージャーが大きいロシアのズベルバンク。ロシア南部で昨年11月撮影(2014年 ロイター/Eduard Korniyenko)

[3日 ロイター] -ウクライナ情勢が不安定となる中、同国にある銀行は預金流出や不良債権比率の拡大、通貨安に直面し、流動性や資本支援が必要となる可能性がある。

国際金融協会(IIF)が今週公表した報告書によると、ウクライナでは今年に入ってから、銀行預金の5%強、額にして30億ドル超が引き出された可能性があるほか、不良債権比率も40%を上回っており、通貨フリブナ安を通じて損失も発生している。

ウクライナの主要行の大半は国もしくは地方が保有している。

ウクライナ向けエクスポージャーをみると、外資銀行ではロシアの銀行が最大勢力で、ズベルバンク、VEB、VTBを含め、セクターの12%(約280億ドル)を占める。

オーストリアの銀行がそれに続き、中銀によると、エクスポージャーは70億ドル。

ロシアとオーストリアを除く主要15カ国をカバーする国際決済銀行(BIS)のデータによると、外国の銀行によるウクライナ向け融資額は昨年9月末時点で274億ドル。

各国銀行の融資額をみると、イタリアの銀行は59億ドル、フランスの銀行が53億ドル。そのほか、米国(15億ドル)、ギリシャ(15億ドル)、ドイツ(10億ドル)、スイス(7億0400万ドル)となっている。

ウクライナ向けエクスポージャーが大きい外資10行は以下の通り。

◎ズベルバンク(ロシア)

エクスポージャーは昨年9月末時点で40億ドルと、バランスシートの1%に満たない水準。ウクライナで221支店を持つ。

◎VTB(ロシア)

エクスポージャーは5億6000万ドル。

◎VEB(ロシア)

昨年12月の発表によると、融資エクスポージャーは約40億ドル。大半が傘下のプロミンベストバンクを通じたもの。

◎OTP銀行(ハンガリー)

2月19日の発表によると、社会不安を受け、140支店のうち6支店が閉鎖された。

◎ライファイゼン・バンク・インターナショナル(オーストリア)

昨年9月末時点で信用エクスポージャーは58億ユーロ(79億ドル)と、グループ全体の3.5%に当たる。

ウクライナでは300万の顧客と818の店舗を持ち、顧客向け融資を36億ユーロ(法人向け54%、個人向け46%)、顧客の預金を27億ユーロ、それぞれ抱えている。

◎ウニクレディト(イタリア)

バンク・オーストリア部門を通じ、ウクライナ向けエクスポージャーは昨年9月末時点で23億ユーロ。

◎PKO (ポーランド)

ウクライナの中堅行、クレドバンクを保有。事業は通常通り運営されているとしている。

◎ゲティン・グループ(ポーランド)

ウクライナの小規模銀行、イデア・バンク・ウクライナを保有。

◎BNPパリバ(フランス)

ウクルシブバンクの約85%を保有。残り15%は欧州復興開発銀行(EBRD)が保有している。

ウクルシブバンクは昨年6月末時点で約30億ドルの資産を保有している。

◎クレディ・アグリコル(フランス)

1兆5000億ユーロのバランスシートのうち、ウクライナ支店は1億5000万ユーロを占める。融資残高は10億ユーロで、大半が農業分野向け。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。