低インフレ長期化ならユーロ圏回復阻害の恐れ

ラガルドIMF専務理事が危惧

3月3日、IMFのラガルド専務理事はユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。写真は2月撮影(2014年 ロイター)

[ビルバオ(スペイン) 3日 ロイター] -国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は3日、ユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。

専務理事はスペイン北部ビルバオの経済会議で「低インフレ──ECB(欧州中央銀行)の物価安定目標である2%を大幅に下回るインフレ──が長期化するリスクが浮上しており、景気の回復を阻害する恐れがある」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。