低インフレ長期化ならユーロ圏回復阻害の恐れ

ラガルドIMF専務理事が危惧

3月3日、IMFのラガルド専務理事はユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。写真は2月撮影(2014年 ロイター)

[ビルバオ(スペイン) 3日 ロイター] -国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は3日、ユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。

専務理事はスペイン北部ビルバオの経済会議で「低インフレ──ECB(欧州中央銀行)の物価安定目標である2%を大幅に下回るインフレ──が長期化するリスクが浮上しており、景気の回復を阻害する恐れがある」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。