マイクロファイナンス 貧困と闘う「驚異の金融」 菅正広著

マイクロファイナンス 貧困と闘う「驚異の金融」 菅正広著

マイクロファイナンスは、通常の銀行業務の常識を覆す画期的な金融だといわれる。担保も持たず金融サービスから排除された貧困に苦しむ人人のために少額無担保融資を行いながらも、その貸倒率が平均1~2%だからだ。

なぜそれが可能なのか。借り手が収入を生み出す活動・事業を開始・継続できるかを基準に、融資の申し込み段階から人物像や事業を見極め、生活の相談に乗ったり就業支援などを行う。いわば、私的利益と社会的利益を両立させた金融なのである。

マイクロファイナンスが日本の貧困問題に有効なのかを論じながら、貧困を“社会問題”ととらえ、その撲滅に社会全体が取り組むことの重要性を訴える。

中公新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。