米国、道路修復に4年間で3020億ドル投資

オバマ大統領が表明、議会審議進展は見込み薄

2月26日、オバマ米大統領は26日、道路・橋の修復に4年間で3020億ドルを投資する計画を発表した(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[セントポール(米ミネソタ州) 26日 ロイター] -オバマ米大統領は26日、道路・橋の修復に4年間で3020億ドルを投資する計画を発表した。

ただ、財源を確保するには税制改革が必要で、議会で審議が進む見込みは薄いとみられている。

議会は、運輸関連の歳出法案を9月30日までに可決する必要がある。道路整備費の財源である道路信託基金は、歳入不足で必要な整備費用をねん出できない状況となっている。

このため、オバマ大統領は、一部の優遇税制を廃止して歳入を増やし、1500億ドルを運輸分野に振り向ける4年間のプランを策定。ただ、実現には法人税改革が必要となる。

大統領は「議会が夏の終わりまでに運輸法案を可決しなければ、建設事業がストップし、機械が利用されず、雇用が失われる」と表明。

共和党のベイナー下院議長は、この問題について大統領と協議したが、結論は出なかったと述べた。

上院環境公共事業委員会のバーバラ・ボクサー委員長は、大統領の案が議会を通過する可能性は低いとの見方を示した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。