日本人でも世界で勝つプレゼン力は身につく

東京五輪を呼び寄せたプレゼンのプロが語る

これは今回東京の(五輪招致)チームとも時間をかけて練習したことなのだが、笑顔は非常に大事だ。プレゼンをしているときにプレゼンターが楽しんでいるように見えると、聴衆にも楽しんでもらえる確率が高くなる。対して、資料に目を落としたままでカンペを読んでいるようなプレゼンだと、聴衆からの興味を引けないし、そもそも信頼を得られない。これもすべての文化に当てはまることだと思う。

パワポを読むのは最悪なプレゼン

――会議などの場では「パワーポイント」が使われることも多いですが、パワポをそのまま読んでいるというプレゼンも散見されます。

それは「Death by PowerPoint(パワーポイント死)」と呼ばれる失敗そのものだ。プレゼンをする場合、本来、プレゼンターは自分に注目してもらいたいはずだが、スライドにこれから話すことを書いてしまうと、聴衆はプレゼンターではなくスライドに注目をし、話を聞かずにスライドを読むようになってしまう。

パワポはあくまでビジュアルサポートとして使うべき。つまり、自分が話していることを視覚的にサポートするものを提供するべきだ。そのビジュアルも興味深くて、相手の興味を10~15秒程度ひけるものがいい。その後は、再び自分に注目してもらうようにしないといけない。

こういうプレゼンテーションの技というのが最近は非常に重要になっている。政治家に限ったことではない。スティーブ・ジョブズがいい例だ。たとえ製品発表会であっても、歩きながらパフォーマンスをするというのが今のトレンドなのだろう。

Nick Varley●東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会戦略コンサルタント。ロンドンを拠点とする国際スポーツ・コンサルタント企業Seven46の創業パートナー兼CEO。元英ガーディアン記者

――いろいろな方にプレゼンを指導してきたと思いますが、これまでで一番難しかったのは。

聴衆のプレゼンターに対する期待が高い場合は非常に難しい。たとえば、元サッカー選手のデビット・ベッカムのコンサルタントをしたことがあった。

彼くらいすばらしいサッカー選手でイケメン、セレブだと、聴衆はどういうわけか、彼はプレゼンターとしてもすばらしいと期待を高く持ってしまう。が、サッカーがうまくてイケメンということと、プレゼン力はまったく関係ない。

いろいろな方から依頼があるが、誰もがプレゼン力を改善したいという向上力を持っている。スキルさえ身に付ければ、いいコミュニケーターになれる。周りから、生まれつきコミュニケーション力が高い、プレゼンがうまい、と思われている人は、人生のどこかでコミュニケーションのトリックを発見して、そのスキルを身に付けているのではないだろうか。

(撮影:尾形文繁)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。