中国、外貨預金の金利規制を完全撤廃

上海の自由貿易区で実施へ

2月26日、中国人民銀行は、上海自由貿易試験区で外貨預金の金利規制を完全に撤廃すると発表した。写真は中国の国旗。広東省で2009年7月撮影(2014年 ロイター/Bobby Yip)

[上海 26日 ロイター] - 中国人民銀行は26日、上海自由貿易試験区で外貨預金の金利規制を完全に撤廃すると発表した。上海地域を管轄する人民銀行がウェブサイトに掲載した声明によると、残高が300万ドル未満の外貨預金について、3月1日から金利の上限を撤廃する。

残高が300万ドル以上の外貨預金金利は、外貨建ての貸出金利と共に2000年に中国国内で既に自由化されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
コールセンターの流転<br>採用難、地方撤退、AIで消滅?

沖縄で不人気職種1位はコールセンター業務。離職率が高い。センターの最大集積地は沖縄から、北海道へ。次をうかがうのが福岡。採用難の解消へAI活用が進む現状をリポート。