実践・老荘思想入門 一喜一憂しない生き方 守屋洋著

実践・老荘思想入門 一喜一憂しない生き方 守屋洋著

「人みな有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり」。世の中には「無用」があるからこそ「有用」があり、「有用」は相対的なものにすぎないという荘子の言葉だ。

「功遂げ身退くは天の道なり」。つまり引き際を誤るなという老子の教えだ。

日本人の考え方や処世に少なからぬ影響を及ぼしてきた老荘思想は、人間らしくあるがままに伸び伸びと生きよという人間の本音を表す庶民の思想であり、老獪な生き方の知恵でもある。

「善く敵に勝つ者は与わず(老子)」「耳で聞くよりも心で聞け(荘子)」等々、代表的な36の名言を、歴史上の人物や現代の著名人にまつわるエピソードを例に挙げながら解説する。

角川SSC新書 861円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。