シニア起業で年金支給70歳時代を生き抜く

定年後に会社を興した2人のシニアの事例

IT系の人材仲介会社を運営する加瀬さん。定年後に会社を設立した(撮影:梅谷秀司)

今、団塊の世代に、起業ブームが起きている。たとえば、東京都中小企業振興公社が主催する「TOKYO起業塾」では年1回、シニアコースを開催している。応募者は「この3~4年で倍に増えている。定員を増やして対応している」(新事業創出課の鈴木哲也・起業支援担当係長)という活況ぶりだ。

「団塊の世代は会社をリタイヤしても、社会はリタイヤしたくない人たち。今までの経験を生かして、積極的に起業し始めている」(博報堂・新しい大人文化研究所の阪本節郎所長)

都内でIT系の人材仲介業を行う「IPOテクノ」の加瀬滋さん(65)も、そのうちの1人。POSシステムやATM(現金自動預払機)などを製造する日本NCRで工場の生産管理などを行ってきたが、米国のコンピュータ会社DECが日本に進出した時に同社へ転職。その後、IT企業でソフトウエアの受託開発などに携わり、2008年5月に60歳で定年退職した。

だが、定年後も加瀬さんの元には、「ソフトウエアのエンジニアを紹介してくれないか」という相談がたびたび寄せられていた。そこで一念発起。退職から半年後の同年11月、会社を興し、事業として運営していこうと決めた。現在、同社には40~50代を中心とした15人弱の契約社員がおり、仕事内容によって最適な人材を顧客先に派遣している。

IT業界では、エンジニアは若くないと技術革新のスピードについていけないとされている。だが、IPOテクノが扱うのは、主にCOBOLという古いプログラミング言語の案件。金融機関の汎用コンピュータではいまだに使われているが、若いエンジニアで習得している人は少ない。そのため、同社に所属するベテランエンジニアに活躍のチャンスがあるのだ。

次ページ前職時代のコネを生かす
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。