「メディア起業家」の時代がやってくる

ビジネス書のカリスマ、ダニエル・ピンク氏に聞く

 『ハイコンセプト』『モチベーション3.0』など、時代の変化を敏感に察知しながら、新しい提案でビジネス界に一石を投じてきたダニエル・ピンク氏。 『人を動かす、新たな3原則』では、新しい時代のセールス観について説いている。デジタル革命によりメディア業界の「売り方」「稼ぎ方」はどう変わるのか。セールスとメディアのこれからについて聞いた(聞き手:渡部典子)。

ビッグデータ時代に重要なのは「見抜く力」

――ツイッターやSNSなどでみんながコメントし、世の中はいろいろな情報であふれかえっている。まさにビッグデータの時代だが、それによってセールスにどんな影響が及ぶのだろうか。

ビッグデータによって、「同調」に敏感になり、「明確性」が重視されると思う。

まず、顧客に対する同調は、はるかにやりやすくなる。人々が何を考えているか、何に関心を持っているかについて、実際に根拠が得られるからだ。そして、明確性ももっと重視されるようになる。というのは、こうした情報がすべて入手できるので、みんなにそのことを納得してもらう必要があるからだ。

ただ、すべてのデータがあるからといって、すべてを理解しているわけではない点に注意しなくてはならない。私たちがすべきなのは、そうしたデータを入手したら、どれが重要で、どれが重要ではないかを見分けることだ。そして3歩後ろに下がって、全体像を見ていく。

――あなたの著作は世の中の変化やトレンドをとらえた提案が多いが、未来を思い描くために、どのようなことをしているのか。

作家であることのすばらしさのひとつは、大勢の人々と話をして、通常よりも多くのことを知ることができることだ。私はたくさんの質問をするが、これは何かを学ぶうえで、かなりよいい方法だ。いろいろなことを知っている人を探して質問をする。

関係ない分野にもアンテナを張る

それから、情報や興味のあることに対して、ある種の「スポンジ」を持ったほうがいい。私はつねにメモを持参し、アイデアや気になったことを書き留めるようにしている。

たとえば、このページには「Miyazaki」とある。これは今回の出張で、誰かから、宮崎駿監督が『風立ちぬ』という新しい映画を出したことを聞いたから、ぜひ見ようと思ったのだ。来日の目的はビジネスなのに、なぜ宮崎映画を見たいのかと思うかもしれない。私はもともと彼の映画が好きだが、それは生き方、ストーリーの作り方、創造力とは何かを教えてくれるからだ。

それから、「1つ目は無料」と書かれているのは、エージェントと本のタイトルの話で盛り上がったから。フレーズだけで、内容はまったく考えてないけれど(笑)。

こうやって気になったことを書き出して、定期的に振り返る。ほとんどがたわいないものだが、たまにすごくヒントになることが見つかる。それから、自宅のオフィスには、新聞や雑誌の記事の切り抜きを集めた「インボックス」という大きなファイルがある。

次ページ既存メディアには恐怖の時代
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。