ルポ 高齢者医療 地域で支えるために 佐藤幹夫著

ルポ 高齢者医療 地域で支えるために 佐藤幹夫著

持病が一つくらいあって当然の高齢者にとって、健康とは何か。高齢者に対する医療と、20年、30年の余命を前提とした一般医療や治癒するための医療が同じでよいのか。そして「応益負担」の考えの下に進められる医療制度改革は、社会保障の基本理念と両立するのか。

福祉現場で発言を続けるジャーナリストが高齢者医療と介護の現場を歩き、地域社会で早くから高齢者の専門医療を目指した医師たちの取り組みを取材。大都市のベッドタウンや地方の中核病院など、制度に翻弄されながらも創意工夫を重ねて作り上げた全国8つの実践例から、高齢化社会の医療と福祉のあり方、医療が地域の活性化に対して果たす役割の大きさを示す。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。