目覚める日本 関岡英之著

目覚める日本 関岡英之著

郵政民営化など歴代政権による一連の改革がアメリカの対日要求と軌を一にしていることは、著者によってかねて指摘されてきたところである。このことはアメリカの対日「年次改革要望書」と照合すれば否定のしようがない。

以上の点を中心に前著『拒否できない日本』『奪われる日本』で、著者は日本の国益を危うくするような日本のリーダーたちに一貫して警鐘を鳴らし続けてきた。本書では、こうした事実を黙殺し「改革・開放原理主義」ともいうべき報道、主張を繰り返してきたマスメディアに対しても厳しい批判が展開されている。

前2冊よりも中国批判(長野の聖火リレーへの中国の介入など)にかなりページが割かれていることと、平沼赳夫衆院議員へのインタビューを含めて期待感を表出している点が目につく。日米関係をめぐる問題提起が、関係者やメディアで議論されるような日本であってほしいと思わざるをえない。(純)

PHP研究所 1000円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。