テロリズムの罠(左・右巻) 佐藤優著

テロリズムの罠(左・右巻) 佐藤優著

「現状の閉塞状況が続くと、テロかクーデターが必ず起きると筆者は危惧する」。日本を憂える人気作家の社会評論を集めた2冊。「明るい絵が描かれていない」論考が多い。

副題「新自由主義社会の行方」の左巻では、市場による競争で、公正な配分ができるとする「新自由主義」の危うさを指摘。格差の拡大で、「国が内側から崩れ、弱体化しつつある」という。

副題「忍び寄るファシズムの魅力」の右巻では、資本主義の問題を国家権力の強化で歯止めをかける運動の総称「ファシズム」が世界で広がる現状を分析。これは人種主義と結びつく懸念がある。

問題への対応で「罠」にはまらないためには「知的基礎体力の強化」が必要と訴える。

角川oneテーマ21 各760円

・Amazonで見る 左巻 右巻
・楽天で見る 左巻 右巻

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。