ギリシャ時代のワインの意味合い《ワイン片手に経営論》第2回 

ギリシャ時代のワインの意味合い《ワイン片手に経営論》第2回 

ワインの歴史は長い。

 考古学的な証拠から推察すると、実際には200万年以上前からあったとされていますが、有史上の話であれば紀元前4000年から5000年くらいまで遡ることができます。そのころの様子を描いたものとして『ギルガメッシュ叙事詩』が有名です。

わたしは〔働く者たちの〕ために数々の雄牛を屠った。
日毎,数々の雄羊を殺した。
シラシュ・ビール,クルンヌ・ビール,油,ぶどう酒,
吸物を川の水のように〔彼らは飲んだ。〕

『ギルガメシュ叙事詩』140頁:第11の書板70-76 より
 古代バビロンの王ギルガメッシュが、大洪水に備えて方舟を船大工たちに造らせた際に、船大工にブドウ酒(つまりワイン)を振舞った様子が描かれています。「川の水のように飲んだ」とは、どのくらい飲んだのでしょうか? 船大工は酒豪の集まりだったのですね。

 また、こんなものもあります。聖書の創世記9章からの引用です。

「20節 さてノアは農夫となり、ぶどう畑をつくり始めたが、」
「21節 彼はぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。」

 ノアとは、かの「ノアの方舟」のノアです。この話は、有名な大洪水の話のあとで、ノアがワインを作ったと記されています。決して、飲み癖がよかったとは言えないようですが、さぞかし酔いが回ったのでしょう。ちなみに、ギルガメッシュの大洪水とノアの大洪水は同じ大洪水ではなく、異なる二つの大洪水があったとするのが一般的な見方のようです。

 さらに、時代が下り、メソポタミア文明の時代の紀元前1700年ごろのハンムラビ法典には「酒癖の悪い者にはワインを売るべからず」という法律があったとか。こんな法律が現在あったとしたら、取締りが大変です。この当時は、メソポタミアではブドウを栽培することができなかったので、ワインはメソポタミアの北方のアルメニアで作られ、ユーフラテス川を下ってワインが運ばれてきていたようです。

 そして、ギリシャに広まったのが、紀元前1500年ごろ。ギリシャ文明の時代であり、地中海を中心とした交易が盛んでした。ディオニュソスというワインの神様が登場するのもこの時代の話です。ディオニュソスが山の中で出会った凶暴なケンタウルス(上半身が人間で、下半身が馬の形の怪物)は「蜜のように甘いワインが人間を思うがままにする力をもっていることを知ると、ケンタウルスはすぐに自分たちの食卓から白乳を下げ、銀の壺からワインを飲み、千鳥足になり意識を失った()」そうです。

 こうやってみると、昔の話には泥酔した話が多数残っているのですが、過去の人たちがどのようなワインをつくり、どのようにビジネスをやっていたのか思いを馳せると何か雄大なロマンを感じワクワクしてきます。

 その当時、フェニキア人、ギリシャ人といった人たちが、皮舟で地中海を縦横無尽に渡り、交易をしていました。そして重要な交易品のひとつがワインでした。ワインが交易の重要な商材である以上、ギリシャ時代にもワインを造っている人たちやワイン市場が存在し、当然、成功・逆転・衰退がありました。また、ワインの造り手やその他ワインに関わる多くの人たちの情熱とともに技術進化もありました。そして、歴史は繰り返します。現在もワインは新たな激動の時代を迎えています。フランスを頂点に、欧州伝統国での消費量が減少する一方で、アメリカ、チリ、オーストラリアといった新世界のワイン消費量が伸びているのです。

 こうしたワインビジネスとその技術の歴史をギリシャ時代から時間の経過と共に追いかけていくと、そこにはさまざまな物語があり、ビジネスと技術に関するさまざまな示唆が見えてきます。時代を動かした技術はなんなのか? その技術をその時代にもたらしたものは何か? 当時の人たちの思惑はなんだったのか?

 こうしたワインを取り巻くビジネスや技術をより明確に描きながら、その意味合いを捉えるために、ワイン黎明期の紀元前より歴史を順に追いながら見ていきたいと思います。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。