金融大崩壊 「アメリカ金融帝国」の終焉 水野和夫著

金融大崩壊 「アメリカ金融帝国」の終焉 水野和夫著

サブプライム問題を発端とする世界金融危機は、2008年9月のリーマンショックまでが第1段階、第2段階では、残りの4大投資銀行が商業銀行に業態転換し消えた。そして第3段階として実体経済に影響が及び、その象徴が不振の自動車である。公的資金の投入はこれまでの新自由主義の経済政策を否定し、大いなる方法転換にほかならない。アメリカ投資銀行株式会社の裏側には日本輸出株式会社がくっついている。一方がおかしくなれば、もう一方も当然おかしくなる。

16世紀に資本主義が始まって以来の地殻変動が起き、まだこの先、20年、30年、激動の時代が続く。著名なマーケットエコノミストが日本のあるべき姿を考える。

NHK出版生活人新書 735円

・Amazonで見る
・楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。