威風堂々の指導者たち 芳賀綏著

威風堂々の指導者たち 芳賀綏著

後に「経済は一流、政治は三流」などと揶揄されはしたが、敗戦から立ち直っていく日本に登場した政治家たちは三流どころではなかった。登場する5人のリーダーたちの思想と行動はどれも骨太で鮮やかである。これだけの自我と思想と志のある政治家が消えて久しいのはなぜなのか。

戦争に負けて外交で勝つ吉田茂、ご機嫌取りはしない石橋湛山、逆境に強い西尾末廣、世界の大勢に眼を開け、の芦田均、委員長は十字架である、の河上丈太郎。5人ともそれぞれに一本、太い筋が通っている。そして政治姿勢は右顧左眄(うこさべん)や迎合からはまるで遠い。

吉田や西尾など世論が作った勝手な偏見には丁寧に反論し、意外な人物像を掘り起こしつつ半世紀前の政治家たちの今日的意義が浮き彫りにされる。1行1行が凝縮し、豊富なエピソードに読みの深さが相まって、まことに興味深い人間ドラマが展開される。著者が永年かけて書き上げただけのことはある。(純)

清流出版 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。