米ISM製造業景気指数、2年半ぶり高水準

11月は57.3と、10月の56.4から上昇

12月2日、米供給管理協会が発表した11月の製造業景気指数は、2011年4月以来2年半ぶりの高水準をつけた。写真はテネシー州の工場で8月撮影(2013年 ロイター/Chris Berry)

[ニューヨーク 2日 ロイター] -米供給管理協会(ISM)が2日発表した11月の製造業景気指数は57.3と前月の56.4から上昇し、2011年4月以来2年半ぶりの高水準をつけた。雇用も伸びた。

同指数は5月に拡大・縮小の分岐点となる50を割り込んだものの、その後は6カ月連続で50を上回るとともに上昇基調が継続。11月も政府機関が一部閉鎖された10月から拡大ペースが加速した。また11月は55.0を見込んでいた市場予想も上回った。

新規受注は60.6から63.6に上昇し、2011年4月以来の高水準となった。雇用も前月の53.2から2012年4月以来の水準となる56.5に上昇した。

生産は60.8から62.8に上昇した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
これから伸びる中学・高校<br>大学入試改革で激変!

2020年にセンター試験廃止。新テストでは知識の暗記は通用せず、思考力が試される。子どもを行かせるなら、私立進学校か、名門公立か。これからの学力を育てる学校を一挙紹介。