米アップル、イスラエルの3D技術会社買収

先端技術は「Xbox」のモーションセンサーにも使用

11月25日、米アップルはイスラエルの3D感知技術会社プライムセンスを約3億5000万ドルで買収することで合意した。写真は4月、ニューヨークで撮影(2013年 ロイター/Mike Segar)

[25日 ロイター] -米アップルはイスラエルの3D感知技術会社プライムセンスを約3億5000万ドルで買収することで合意した。ブルームバーグが24日、関係筋の話として報じた。

プライムセンスの感知技術は、デジタルデバイスを使ってユーザーに3Dの画面を見せることができるもので、米マイクロソフトゲーム機「Xbox」のモーションセンサー「キネクト」に使用されている。

アップルのプライムセンスに対する関心は、7月にイスラエルの経済紙カルカリストが初めてウェブサイト上で報じた。

アップル広報担当のクリスティン・ユゲ氏はロイターに対し、電子メールで「当社は適切な機会に小規模なテクノロジー会社を買収している。われわれは通常、その目的や計画については明かさない」と説明した。

プライムセンスからのコメントは、営業時間外のため得られていない。

アップルにとってイスラエル企業の買収はこれで2社目。

報道によると、プライムセンスの出資者にはカナン・パートナーズ、シルバー・レイク、ジェミニ・イスラエル・ファンズ、ジェネシス・パートナーズが含まれているという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。