東電、約2兆円の設備投資を計画

火力発電の施設更新などに充当

11月21日、東京電力と政府の原子力損害賠償支援機構は、今後の火力発電所の更新など設備投資のために2兆円規模の資金が必要になるとの見通しを取引金融機関に示していたことが分かった。写真は昨年7月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 21日 ロイター] -東京電力<9501.T>と政府の原子力損害賠償支援機構は、今後の火力発電所の更新など設備投資のために2兆円規模の資金が必要になるとの見通しを取引金融機関に示していたことが分かった。複数の関係者が明らかにした。

12月にまとめる再建計画「総合特別事業計画」の中に、成長戦略として、発電設備の更新について、海外でのエネルギー資源の権益確保や、海外の電力事業への参加などともに盛り込む方針。

東電は社債の発行が止まっており、資金調達を金融機関からの借り入れに依存、すでに三井住友銀行など主力取引銀行の与信枠は上限に達しつつある。

このため2兆円の調達は、東電の信用リスクに依存しない形式が可能なプロジェクトファイナンス方式や、政府系金融機関からの調達が必要になるとみらる。

(布施太郎、浦中大我 編集:田巻 一彦)

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。