Featuring Deloitte Digital
グローバル×デジタル化社会における
経営のイノベーション

岩渕 匡敦 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー

急速に進むデジタル化は、顧客の思考や行動を変えつつある。
日本企業がグローバル社会、特にアジアのマーケットで地位を確立するためには、こうした変化に向き合う必要があるが、
それは同時に、日本企業が長らく抱えてきた経営の根本問題と向き合うことを意味する。

デジタル化社会における経営戦略

近年、デジタル化が企業と消費者とのコミュニケーションチャネルを多様化させ、企業が扱う情報の量が著しく増加するとともに消費者サイドの情報との融合が起こっている。このデジタル化の流れが日本企業に新たな経営スタイルを要求していることは間違いない。果たして、どのようにしなやかに思考をシフトし、新しい潮流を制していくべきなのだろうか。

デジタル化の波

先進国ではIT化が進展しきった印象があるが、デジタル化はまだ緒に就いたところであり、テクノロジーはこれからも進化を続ける。IT化によって、社会のあらゆる事柄をデジタルデータで扱うことのできるインフラは整備されたが、そのインフラに乗るデジタルデータには進化の余地が大きく残されている。デジタル化とは人や企業が扱う情報がデジタルデータに変換され扱われることであるが、ビジネスの世界で扱われるのは従来、企業取引や物流などに関する定量的な数値情報に限定されていた。しかし、昨今のテクノロジーの進化により、個人の文章、画像、音声などを含めたより広範囲な情報を扱うことが可能になってきている。人類が生み出すデータ量は2020年までに35ゼタバイト*1、2010年の約44倍と予想されているのだが、これらのデータはITインフラの普及もあり容易に地理や時間の制約を超えグローバルに拡散していく。これは、グローバル化、特に世界のGDPの大部分が創出されるアジアのマーケットでの地位確立を急ぐ日本企業の経営にとってきわめて重要な意味を持つ。

次ページデジタル化がもたらした顧客の変化
CONTENTS
特別対談 日本のリーダーが、世界で戦うために必要なこと 岡田 武史サッカー元日本代表監督 近藤 聡デロイト トーマツ コンサルティング 代表取締役社長 パートナー
特別寄稿 哲学、美学がない企業に未来はなし 石井 裕 MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ 副所長
Top Interview 事業の特性にあわせて戦い方を変える三菱電機のグローバル戦略 山西 健一郎 三菱電機 執行役社長 取締役
GMI REPORT グローバル市場制覇に不可欠なルール形成戦略 國分 俊史 デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
 
GMI REPORT 外発的グローバル化のすすめ キャメル・ヤマモト デロイト トーマツ コンサルティング ディレクター
GMI REPORT グローバル経営の作法 日置 圭介 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
 
Featuring Deloitte Digital グローバル×デジタル化社会における 経営のイノベーション  岩渕 匡敦 デロイト トーマツ コンサルティング パートナー
結びに 困難なこれからの10年、今がまさに岐路 大崎 明子 東洋経済新報社 編集局 ニュース編集部 部長
 
LINK
グローバルマネジメントインスティテュート グローバル競争において日本企業が勝ち抜くために 詳細はこちらから
Deloitte. Digutal 詳細はこちらから
 
ARCHIVE
グローバル経営戦略 2013
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。